違いを知る

自由設計と注文住宅の違い

まず、注文住宅と自由設計の違いについては、ご存じでしょうか。ハウスメーカーの宣伝文句として、良く耳にする自由設計とは、ある程度の間取りが決められており、その中のプランから選択を行います。キッチンなどの設備についても標準の仕様から選択することになります。この様に標準的な家族構成を元に基本設計されたベースに対して、家造りを行うため、自分のイメージ通りの家が建つわけではありません。一方、注文住宅は住む家族のライフスタイルに合わせて設計を行います。ライフスタイルとは、要望、希望、こだわりを元に、その家族が暮らしやすい間取り、設備を選んで一から作り上げる、まさにこの世にひとつしかない住宅のことを言います。

信頼できるハウスメーカーを探す

注文住宅では、何もない状態から作りあげるため、選択肢が多くなり、一見難しそうに感じますが、ゼロから一段づつ階段を上げる様にプロセスを踏んでいけば、難しくないでしょう。しかも完成した時には、ご家族とって、住みやすい家が完成します。そのために注意することは、まず、信頼できて、しっかりと相談できるハウスメーカーを探して依頼することです。注文住宅を建てる時は、施主側に知識が乏しいため、どうしてもハウスメーカーが主導権を握ってしまいますが、その中で、しっかりと要望や家の雰囲気、こだわりなどを聞いてくれる、ハウスメーカーや担当営業が探す事が大切な第一歩です。そのためには、数おおくの展示場や内見会へ足を運んでいただき、建物に触れ、担当者と話をして、理解を深めることで、候補となるハウスメーカーの選択の幅を狭めていけば良いと思います。