住宅の特徴

デザイン住宅に見られるサービスとは

デザイン住宅で行われるサービスといえば、建築士からの設計の提案ということになります。そもそもデザイン住宅を依頼する施主は、希望する家のイメージはあっても、それを具体的に形にする技量は持っていないものです。また基礎的な耐震計算なども必要とするために、どんな形にできるのかさえわからないものです。そこで建築士が、施主の話を聞いているうちに必要とされる要素を掘り下げて理解し、それを基に設計図に起こすという作業を行うわけです。そしてそれを施主に提案し、修正を施す作業を繰り返すわけです。

類似となる注文住宅とは

デザイン住宅は注文住宅の中のひとつの姿です。そして注文住宅には様々なスタイルがあり、提供されるサービスがあります。一般的に全てにおいて希望に沿う形をとるデザイン住宅は、その費用もかなりな額となるものです。材料のひとつひとつにこだわりを持つことや、職人の手作業による建設などが理由となります。 そのような手間を省き、コストを抑えて効率良く建てることができるのが、ハウスメーカーが提案するローコスト住宅です。 これは種類を限定した建材などを全国規模で大量に仕入れることによりコストを抑えて、またあらかじめ規格化されたものに加工しておくことで建設も簡単に行える効率化によって、かなり安い費用を実現したものとなります。